てくてく歩いてく

落としたり、また拾ったり。

OGRE YOU ASSHOLE

◆出会い
最初に見たのは、中学か高校の頃のViewsic(現MUSIC ON TV)。
Art-Schoolの前座で演奏していたはず。

高い声。変則的(に聞こえた)なギター。1発で見入ってしまった。
友人にも薦めたのを覚えている。
高校を卒業して上京後、既に発売されているアルバムをすべて揃えた。

なぜか彼らのライブを観る機会がなく(今ではもっと早くいけばよかったという後悔しかないのだけど)、初めて生で見たのは大学も卒業間近の2012年02月11日の横浜アリーナ。version21.1-fourth-というイベントで彼らが演奏したのは以下の5曲。

 1:ロープ
 2:フェンスのある家
 3:ふたつの段階
 4:バックシート
 5:ロープ(Long ver.)

期待していた初期の曲は演奏されず、ライブでは眠りかけてしまった。(笑)

そのころアルバム「homely」が最新作で聴いてはいたものの、以前のころとは雰囲気もガラッと変わっていて、正直1~2回しか聴いてなかったと思う。
ただ、何かわからないけど最後のロングロープが終わったあと浮遊感というか、すごいもの観たなという感覚になって、これ以降東京のワンマンやイベントには必ずといっていいほど行っている。今までで一番ライブに行っているバンド。

◆薦めるならこの曲

・ロープ/homely
 トリップの意味を教えてくれた曲。

・見えないルール/ペーパークラフト
 馬淵さんの暴れ。
 これ観るためにライブは左寄り。

・あの気分でもう一度/ハンドルを放す前に
 素敵。

・ネクタイ/ピンホール
 好き。

・辺りはここ/平均は左右逆の期待
 ギターが好き。生では観たことない。

・タニシ/OGRE YOU ASSHOLE
 タタタタタールラルラルラ。
 最近良く演ってる。きたーってなる。

・フラッグ/アルファベータ vs. ラムダ
 ライブの転調バージョンはトリップ感高め。

・コインランドリー/アルファベータ vs. ラムダ
 ハァイッ!!

 
あーライブ行きたい。